漫画 音楽漫画

『BLUE GIANT』感想。熱すぎて思わず泣いてしまうジャズ漫画!

更新日:

BLUE GIANT(1) (ビッグコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『BLUE GIANT』です。

この漫画は、世界一のジャズプレイヤーを目指す少年の物語となっています。

この漫画、めちゃくちゃ熱いのなんの!熱すぎて熱すぎて、読んでるこっちの心拍数も上がっちゃう!…そんな感じの漫画です。

ということで今回、激アツジャズ漫画『BLUE GIANT』を紹介したいと思います

漫画『BLUE GIANT』あらすじ

バスケ部の宮本大(みやもと だい)は、将来何をして生きていこうか迷っていた。

そんな時、偶然ジャズの曲を聞いた第は、瞬く間にジャズに魅了されてしまう。

ジャズってすげえ!

f:id:nek654:20180319183244p:plain

ジャズに心打たれた大は、バスケの傍らにトランペットの練習を始めるようになった。

来る日も来る日も河原でトランペットを吹き続ける大。

やがて、バスケの引退試合が終わり、将来を考えるべき時期がきた。

今の自分が夢中になってやれるのは、ジャズしかない。

そう思った大は、本格的にジャズプレイヤーを目指すことに…、

漫画『BLUE GIANT』感想

ストイックに自分を高め続ける主人公・宮本大がかっこよすぎる

『BLUE GIANT』宮本大

(©『BLUE GIANT』)

主人公の宮本大は、自分が世界一のジャズプレイヤーになれると本気で信じている少年です。そのため、彼は、世界一になるための特訓をストイックに続けます。

例えば彼は毎日、夜中になるまで橋の下でサックスを吹き続けます。また、どれだけ雨が降ろうと、雪が降ろうとサックスを演奏することを止めません。

しかも、それを延々と一人でやり続けるのです。

『BLUE GIANT』宮本大

(©『BLUE GIANT』)

普通ここまでストイックに続けることができる?僕には無理です。絶対、すぐ諦めちゃうよぉ…。

さらに、大は周りのクラスメイトから「ジャズって何それ?よくわかんない」「ジャズって時代遅れだろ」などとディスられ続けても一切動じません。

周りになんと言われようが、ただ、ひたすら日々の練習をストイックにこなしていく…。そのストイックさが、すごくかっこいいです。

本当に成功する人ってこういう人なんだろうなということがよくわかる。

また、この漫画は地道な練習シーンをきっちりと描いているので、さらに大のジャズにかける熱い思いが伝わってきます。

夢に向かってひた走る…そんな大の姿がかっこよすぎて思わず震えてしまう漫画。それが『BLUE GIANT』ですっ!

ジャズに懸けた男たちの熱い友情に、心が震える

『BLUE GIANT』

(©『BLUE GIANT』)

物語の中盤から宮本大は東京に行き、二人の青年に出会います

天才ピアニスト・沢辺雪祈初心者ドラマー・玉田俊二です。大はこの2人とジャズバンドを組むことになります。

このバンド、最初はまったく上手くいかないんですよ。

大と雪祈はジャズに対する考え方の違いで衝突するし、雪祈は「玉田はド下手だからやめさせろ」と主張するしで、全くまとまりがない。

しかし、そんなバラバラのメンバーが、ジャズを通して徐々にまとまっていくんですよ。

玉田は二人に追いつこうと毎日何時間もぶっ通しで練習し、雪祈はピアノソロを必死で生み出し、大は常に自分のすべてを出し切る演奏をする。

なぜそこまで、彼らは必死なのか?

全ては最高のジャズを演奏するためです。その目標を叶えるために、バラバラだった彼らの心はだんだんと一つになっていく。

そして、彼らはいつしか最高の演奏を繰り広げる。

その様子が読んでいて最高に熱いんですよっ!!

巻を追うごとにどんどん熱量が上がっていて、最新刊で僕は泣いてしまった。最新刊のあの展開はズルいって。泣くだろあんなの…。

『BLUE GIANT』玉田

(©『BLUE GIANT』)

最初のバラバラだった頃を見ているからこそ、お互いを認め合うまでの仲になった彼らに心が打たれる。

特に、演奏後、雪祈が玉田に言ったセリフはジーンと来ました。あの雪祈が玉田にこんなセリフを言うなんて!くぅ~青春してんなぁ~。

ジャズによって生み出された熱く固い男の友情。熱すぎて僕のはハートは焼け焦げてしまいそうですっ!

迫力の演奏シーン

やはり音楽漫画なんで、演奏シーンは最も大事なシーンになってきますよね。ここが、イマイチだと読んでる方もテンションが下がってしまいます。

しかし『BLUE GIANT』ではそんな心配は不要!有無を言わさぬド迫力の演奏シーンが次から次へと読者に襲いかかってきます。

漫画だから音は鳴ってないんです。

でもこの漫画を読んでいる時、確かに僕はジャズの音を聴いていた。そう錯覚してしまうほどのリアルで迫力のある演奏シーンがこの漫画の魅力です。

『BLUE GIANT』

(©『BLUE GIANT』)

ジャズっていうのは即興音楽で、その場その場で新たなメロディを奏でます。だからこそ、他の音楽にはない独特の緊張感が生まれるのです。

その、ジャズ特有の緊張感が『BLUE GIANT』の演奏シーンからは、ヒシヒシと伝わってきます。

読んでいると、だんだんと息がつまってきて、肌がヒリヒリするような感覚に陥ります。そして気が付いたら食い入るようにページを見てた。

『BLUE GIANT』

(©『BLUE GIANT』)

このシーン見てくれよ。擬音すらないんだぜ。

でも、ジャズのヒリヒリするような緊張感がガンガン伝わってくる。

僕は確かにこの会場で彼らのジャズを聴いていた、そんな気がする…。そう思ってしまうぐらい、引き込まれましたね。

『BLUE GIANT』

(©『BLUE GIANT』)

先ほどのシーンもそうですが、『BLUE GIANT』では、このように無音で音楽を表現することが非常に多いです。

でも、不思議と擬音を使うよりこっちの方がリアルに感じられる。

そういや、ライブに行ったときって、興奮のあまりちゃんと聴いているようで、聴いてないもんな。

僕も好きなバンドのライブに行ったときこんな感覚になるもん。だから、あえて音を使わずに演奏シーンを表現することでリアルに感じられるんですね。

まるで、その場で生のジャズを聴いているかのような臨場感。そんな迫力満点の演奏シーンが『BLUE GIANT』の魅力です。

漫画『BLUE GIANT』感想まとめ

漫画『BLUE GIANT』は、最高に熱い音楽漫画ですっ!

熱い演奏、熱い男たちの友情、主人公の熱い生き様。全てにおいて「熱い」音楽漫画となっています。

読み進めていくうちに、その熱さに当てられて、思わず目から熱いものがこみ上げてくるのを感じることになるでしょう。

漫画『BLUE GIANT』は、こんな人におすすめ!

・ジャズに興味がある人

・男たちの熱い友情が好きな人

・夢を追いかける勇気が出ない人

ということで今回は漫画『BLUE GIANT』を紹介しました。超面白い作品なので、気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいっ!

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

関連記事

シェア

プロフィール

  • この記事を書いた人

ネック

漫画が大好きな美少女社畜。漫画が好きすぎて、年に1000冊の漫画を読んでいます!

-漫画, 音楽漫画

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.