ホラー・サスペンス漫画 漫画

漫画『虚構推理』感想。嘘×都市伝説の新感覚ミステリー漫画!

更新日:

虚構推理(1) (月刊少年マガジンコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『虚構推理』です。

この漫画は推理漫画なんですが、妖怪やら亡霊やらが普通に出てきます。

全然推理漫画っぽくねぇ…。

しかも、推理して真実を見つけるのではなく、推理して嘘の真実を作り上げる物語なのです。

つまり、どういうことだってばよ…。

ということで今回は、異色の推理漫画『虚構推理』を紹介します。

スポンサーリンク

漫画『虚構推理』あらすじ

岩永琴子、彼女は普通の人間ではない。

彼女は幼少期に妖怪たちに攫われ、妖怪たちの知恵の神となった。

それ以降、彼女は妖怪と友好的な仲になり、様々な妖怪を使役できるようになる。

しかし、その代償として左足と右目を失うこととなった。

f:id:nek654:20180119210947p:plain

(©『虚構推理』)

そんな過去を背負っている琴子であったが、意外と楽しく人生を過ごしていた。

ある日、琴子は青年・桜川九郎に出会い、恋をする。

しかし、九郎には秘密があった。

彼は人魚と件の肉を食べたことにより、不死と未来予知の能力を持つ、人ならざる者だったのだ。

一本足と一つ目の少女・琴子と妖怪からも忌み嫌われる存在・九郎。

運命の出会いを果たした彼らは、妖怪の起こす怪しい事件に巻き込まれていく…。

漫画『虚構推理』感想

偽物の真実で事件を解決する物語

漫画『虚構推理』はその名の通り、虚構、つまりは作られた真実で事件を解決する物語です。

普通の推理漫画では、隠された本当の真実を追い求めますが、虚構推理はその逆。

主人公の岩永琴子は、偽りの真実を自ら作り出し、事件を解決に導くのです。

この非常にオリジナリティに溢れた設定が、すごく面白い。

え、どういうこと?嘘の真実で事件を解決しちゃったら、冤罪が生まれるじゃん。

と思うかもしれません。

その疑問の回答として、もう少し詳しく書きます。

しかし、話の流れで、ここからネタバレが少し入ってくるので、嫌な人は注意してください。

f:id:nek654:20180119212929p:plain

(©『虚構推理』)

とある事件で、「鋼人七瀬」という死んだアイドルの亡霊が出てきます。

この亡霊は「人々がこの亡霊の存在を強く信じた」から、実体化してしまいます。

要は「鋼人七瀬はいる!」って多くの人が思ったから、本当に現れてしまったのです。

実体化した、鋼人七瀬は様々な事件を起こします。

彼女を止めるためには、「鋼人七瀬は存在しない」ということを、多くの人に強く信じてもらわなければなりません。

f:id:nek654:20180119213429p:plain

(©『虚構推理』)

そこで、岩永琴子は、「鋼人七瀬が起こした事件は、彼女が起こしたのではなく、別の人物が起こした」。

つまり、「亡霊が事件を起こしたのではなく、生身の人間が事件を起こした」という風に、真実を作り替えようとします。

もちろん、本当の事件の犯人は亡霊・鋼人七瀬ですよ。

でも、鋼人七瀬が犯人だとしてしまうと、多くの人々がその存在をより強固に信じてしまう。それじゃあ、彼女を倒せない。

鋼人七瀬を倒すためには、

鋼人七瀬が起こしたかのように見えた事件は、本当は生身の人間が起こした。

→つまり、鋼人七瀬など元からいない。

→多くの人が鋼人七瀬の存在を信じなくなり、彼女の実体化は解除される。

という図式を成立させないといけない。

これを成立させるために、琴子は頭を振り絞って、偽物の真実を作り上げるのです。

この独特の設定が、非常に新鮮でめちゃくちゃワクワクしましたね。

こんな、ちょっと変わった推理漫画。それが『虚構推理』です。

虚構の真実の説得力がすさまじい。

f:id:nek654:20180119213812p:plain

(©『虚構推理』)

主人公・岩永琴子は様々な事件のデータを寄せ集めて、嘘の真実を作り上げてしまいます。

その作り上げた真実の説得力がすごい。

嘘にもかかわらず、「確かに、それこそが本当の真実だな!」と納得させらてしまう。

琴子ちゃんは、本当によくここまででっち上げられたものだと関心しましたね。

だって、本当の犯人は誰なのか?

なぜ、犯人は鋼人七瀬を名乗って事件を起こしたのか?に対する答えだけでなく、

・指摘した犯人が警察に逮捕されることなく(←冤罪になるし、本格的に捜査されるとバレるから)

・その指摘によって、現実の人間に多大な損害を与えることなく

・その上で、多くの人がその解決に賛同する

という課題までクリアしないといけない。

f:id:nek654:20180119213459p:plain

(©『虚構推理』)

こんなのどう考えても無理だろ…と思ってたんですが、琴子ちゃんはクリアしちゃったんですよねえ…。

彼女の偽物の推理を見た時は、その完成度に震えましたよ。やべぇ…この子天才やん…。

様々な角度から複数の推理を展開し、偽物の真実を構築していく…。

それ、すなわち『虚構推理』!うひょおおおお、かっけえええええ!!!

最後の推理が出たときのカッコよさったら、もうヤバかったね。

正直言って、ゾクゾクしました。

まあ、その辺のネタバレはしないでおきます。

知りたかったら、是非とも本作を読んでみてください。

すげー面白いんで、おすすめです。

岩永琴子ちゃんがかわいい

f:id:nek654:20180119204146p:plain

(©『虚構推理』)

すごい推理をする岩永琴子ちゃんですが、普段は割とアホの子っぽいです。

かわいいですね。

あとお嬢様っぽい見た目をしてるのに、ちょいちょい口が悪い。だが、そこがいい。

f:id:nek654:20180119202816p:plain

(©『虚構推理』)

九郎の元カノに幽霊を送り付ける琴子。

元カノが、お化けを大の苦手としていることを知っていて、琴子はわざとこんなイタズラをしています。

下のコマの悪そうな顔が、面白い。

こういった、いたずらっ子なところも彼女の魅力です。

f:id:nek654:20180119203534p:plain

(©『虚構推理』)

愛する九郎とのスキンシップをするために、綿密なスケジュールを立てる琴子。

しかし、寝坊していしまいその計画も水の泡。

しかも、寝ていたせいで九郎と元カノが会う時間を作ってしまうはめに…。

九郎を取られないように、必死な琴子ちゃん超かわいいです。

必死すぎて九郎に引かれてることをわかってない、アホの子なところもいいですね。

f:id:nek654:20180119204247p:plain

(©『虚構推理』)

「もし、琴子に合鍵を貸した場合どうなるか」を想像して、恐怖する九郎くん。

このシーンから察するに、普段からとんでもない愛情表現をしているのでしょう。

恋する女の子は無敵ですからね。何もかも蹴散らしちゃいます。

こんな風に、普段はかなりおバカな琴子ちゃんなのです。

このコミカルな感じが、とても可愛いし、面白い。

一方で、彼女はやるときはやってくれるので、そのギャップがたまりませんね。

漫画『虚構推理』感想まとめ

漫画『虚構推理』は、普通の推理漫画とは一味違った推理漫画ですっ!

説得力のある偽物の真実は素直にすごいと思いましたし、話もテンポよく進むので非常に読んでいて楽しい漫画でした。

漫画『虚構推理』は、こんな人におすすめ!

・一味違ったミステリーを読みたい人

・ロジックが本格的な推理漫画を読みたい人

偽物の真実を作っていく話ということで、ちょっと読む人を選びますが、この設定にビビッと来た人は読んでみることをオススメしますっ!

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

-ホラー・サスペンス漫画, 漫画

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.