歴史漫画 漫画 漫画ランキング

面白いおすすめ歴史漫画まとめ!偉人の熱い人間ドラマに心震える!【日本史から世界史まで】

更新日:

僕は漫画の中でも歴史漫画というジャンルがとても好きです。好きすぎて、ついつい寝る間も惜しんで読んでしまいますね。

歴史漫画というと難しそうで拒否反応を起こす方もいると思うんですけど、実際はわかりやすいし、めちゃくちゃ面白いんですよ。

壮大なストーリーのものが多いので胸が踊りますし、何より実際にあった出来事なので、読んでいてすごくテンションが上がります。

ということで、今回は歴史漫画の中でも特に面白かった「おすすめの歴史漫画」を紹介しようと思います。(※注 マイナー作品多めです)

いずれも完成度の高い漫画ばかりなので、気になった方は一度手にとってみてください。

 

超おすすめ歴史漫画まとめ-日本史編-

応天の門(9巻~連載中)

 

あらすじある日、在原業平は「下女が次々といなくなる事件」を解決するために奔走していた。すると、ある若者が現れ、スラスラと事件を解いてしまった。
その若者の正体は、菅原道真。後の右大臣になる男である。事件後、道真に興味を持った業平は、彼と親交を深め、やがて行動を共にするようになる。

菅原道真と在原業平のコンビが、様々な事件を解決していく歴史ミステリー漫画。

京の都では様々な怪事件が起こるせいで、人々は「都には妖怪や鬼が蔓延っている…。」と怯えて暮らしています。しかし、超合理的な考えの道真は「妖怪なんていませんよ。」と一蹴し、論理的に怪事件を解決していきます。

現代人のような考え方の道真が、事件の真相をバッサバッサと暴いていく。このある種、俺TUEEE!系のような展開が、見ていてとても爽快です!

f:id:nek654:20171203173100p:plain

(©応天の門)

また、この漫画は人間関係の描写に優れていますね。心温まるシーンから権力争いのドロドロとしたシーンまで、物の見事に描き切っています。

特に、時の権力者・藤原家の権力争いのシーンは、生々しすぎて恐怖を覚えました。こんな恐ろしい権力争いに巻き込まれていく道真は、一体どうなってしまうのでしょうか!?

人間のリアルな美しさや醜さを感じたい人に、おすすめの歴史漫画!

 

 

阿・吽(8巻~連載中)

 

あらすじある日、僧侶・最澄は、権力を持つ位の高い僧がみな腐敗していることを知ってしまう。仏教を信じられなくなった最澄は、山にこもり己の身一つで修行を始めることに。
一方で世の中に退屈し苛立ちを覚える天才がいた。彼の名は空海。二人の天才が紡ぐ、怒涛の冒険物語が始まろうとしていた。

平安時代の僧・最澄と空海が、歴史に名を残す僧侶になるまでの冒険を描いた物語。

最澄と空海はまるで息をするかの如く、とんでもない量の修行を行います。あまりにも自然にそれらを行う彼らに、狂気を感じずにはいられません。

この狂気を帯びた独特の雰囲気こそが、天才の持つ迫力なのでしょう。僕はこの迫力に飲み込まれるのと同時に、ある種の清々しさを感じました。

 

f:id:nek654:20170713201726p:plain

(©阿・吽)

また、この漫画の絵は芸術作品のように美しい。

その美しすぎる絵から生み出される神々しさは、どこか狂気的で、まるで天才の持つ圧倒的な迫力を連想させます。

芸術的な絵と天才たちの常軌を逸した生き様に、きっとあなたも引き込まれることでしょう。

心を打ち震わす漫画を読みたい人に、おすすめの漫画ですっ!

 

センゴク(全15巻)

 

あらすじ時は戦国時代──。美濃・斉藤家臣である仙石権兵衛秀久は、稲葉山城の戦いにて愛する女性・お蝶と離れ離れになってしまう。その後、織田信長に捕らえられたセンゴクはその腕っぷしと気概を認められ、木下藤吉郎秀吉の部下として働くとことに。
そんな中、急成長を続ける織田軍を快く思わない諸大名らは信長包囲網を形成し、織田軍を滅ぼそうと画策する。センゴクは織田軍の勝利のために、秀吉の元で戦い続けることを誓うのであった。

織田軍の武将・仙石秀久の視点から戦国時代を描いた歴史漫画。

この漫画では織田信長のようなメジャーな武将から、堀秀政のようなマイナーな武将まで様々な武将が登場します。こいつらがですね、みんなめっちゃかっこいいんです!

主人公からモブまで一人一人の心理描写を丁寧に描いているので、彼らの熱い思いがガンガン伝わってくるんですよ。

そんな状態で迫力の戦シーンを見たらもう、心が震えないわけがない。確固たる信念を胸に戦う武将たちの姿に、思わず武者震いしてしまいました。

とにかく熱い歴史漫画を読みたい方におすすめ!

(©センゴク)

村上海賊の娘(10巻~連載中)

 

あらすじ時は戦国時代。瀬戸内海には強力な軍事力を誇る海賊・村上海賊がいた。
村上海賊頭首・村上武吉の娘、景は、女にもかかわらず軍船に乗り、狼藉者を成敗していた。ある日、織田信長に追い詰められた本願寺を救うため、物資を送ってほしいと、毛利家から依頼される。
村上海賊たちは、毛利家に加勢することを決め、景は戦乱に巻き込まれていくのだった…。

村上家の娘・村上景vs織田信長軍の戦い(第一次木津川口の戦い)を描いた歴史漫画。

主人公の景は喧嘩の強いじゃじゃ馬娘。しかし、その心は誰よりも優しく、見殺しにされそうな本願寺門徒たちを救うため、単身織田軍に乗り込みます。

この時の織田軍は、すでに20ヶ国以上の領地を持つ巨大勢力でして、そんな相手に挑むのは正直無謀としか言えません。そのため、毛利家や他の村上家の武将も織田軍と戦うのを諦め、本願寺を見捨てるしかなかった。たった一人、景だけを除いて。

(©村上海賊の娘)

全ては大切な人を守るため、ただそれだけのために死地に突撃し、織田軍と戦う景の生き様が、美しすぎて震えます。勇猛果敢な戦乙女の姿に、うっとりと見惚れること間違いなし!

美しい生き様を見たい人におすすめの歴史漫画!

 

天地明察(全9巻)

 

あらすじ江戸時代に、数学、暦学、天文学に優れた侍がいた。彼の名は渋川春海。またの名を安井算哲という。
三度の飯より数学が大好きな春海は、算学絵馬と呼ばれる数学の問題を出題し合う遊びに今日も励んでいた。
そんな数学バカの春海は、ある日、幕府より改暦事業を成し遂げよと命令を受ける。現在使われている暦よりも、さらに正確な暦を作るため、春海は仲間たちと共に、生涯をかけて暦作りに挑むのであった。

数学の天才・渋川春海の改暦事業の様子を描い歴史漫画。

この漫画は「人々の受け継がれていく思い」を、非常に丁寧に描いた作品でした。

改暦事業は10年以上もかかる過酷な仕事です。ですから、途中で寿命を迎えてしまう者も出てきます。しかし、彼らの死に顔は皆、穏やかなものでした。

なぜなら信頼する仲間たちに、自分の思いを託すことができたからです。その思いは残された者に託され、彼らの中で行き続けていく…。

f:id:nek654:20180217002421p:plain

(©天地明察)

この「受け継がれていく思い」が美しすぎて、じんわりと心に感動が染み込んでいきます。

キャラクターの心理描写が非常に丁寧なので、ついつい春海に感情移入して泣いてしまうんだよなぁ…。

しみじみと感動できる良質なヒューマンドラマを読みたい人に、おすすめの歴史漫画!

 

MUJIN 無尽

あらすじ幕末に生きた隻腕の剣豪・伊庭八郎。幼少期は病弱な文学少年であった彼は、いつしか幕府を攘夷志士から守るため、武士として戦うことを決意する。
やがて彼は近藤勇や土方歳三と共に、歴史に名を馳せる武士へと成長していく…。

幕府を守るために戦い抜いた剣豪・伊庭八郎の生涯を描いた歴史漫画。

幕末と言えば坂本龍馬のような攘夷派の視点から描かれることが多いですが、この漫画はその逆。幕府派の視点から描かれています。

細部まで書き込まれた風景、リアリティを追求した死合シーン、べらんめえ口調のセリフなどなど…。幕末のリアルな空気感がこれでもかと感じられる作品となっています。それはまるで良質な時代劇を見ているよう。

どこまでも真っ直ぐで小粋な武士の生き様に、思わず憧れてしまうこと間違いなし!

時代劇が好きな方におすすめの歴史漫画!

 

ベリリュー-楽園のゲルニカ-(5巻~連載中)

 

あらすじ太平洋戦争末期、ベリリュー島──美しい楽園であったこの島は、またたく間に悲惨な戦場へと変貌する。重要な拠点となる飛行場を奪取するために、米軍4万人と日本軍1万人の血で血を洗う戦いが始まったのだ。
ベリリュー島に送りこまれた漫画家志望の兵士・田丸は、ただ生きて帰ることを目標に戦場へと足を運ぶ。

太平洋戦争末期の「ベリリュー島の戦い」を描いた歴史漫画。

この漫画は他の戦争漫画と違って、一切ドラマチックな展開はありません。ただ淡々とリアルな戦争の悲惨さを描き続けます。

主人公を含め登場するキャラクターは皆、何の特徴もない平凡な若者たち。彼らは戦って華々しく散ることさえも叶わず、不運な事故や、飢餓、そして病気で死んでいきます。

普通の若者がただ虚しく死んでいくだけ…でもこれこそが戦争のリアルなのです。どこまでもリアルな描写にこだわったこの漫画を読んでいると、まるで自分が戦争を追体験しているような没入感を感じてしまいますね。

そして、ただ主人公たちに「生きて帰ってきて欲しい」と願わずにはいられなくなります。

リアルな戦争漫画を読みたい方におすすめの歴史漫画!

(©ベリリュー-楽園のゲルニカ-)

特攻の島(全9巻)

 

あらすじ第二次世界大戦末期、日本は米国の度重なる攻撃に疲弊しきっていた。このままでは日本は滅ぼされてしまう──。
この状況を打破するため日本軍は最後の決戦兵器・回天を投入することを決意する。しかしそれは搭乗者の命を犠牲にして特攻を仕掛けるという最悪の兵器であった…。

 

かつて実際した非人道的兵器・回天を主軸に描いた歴史漫画。

ある日、青年・渡辺は祖国を守るため特殊兵器の志願兵となり、山口県大津島をおとずれます。しかし、そこで始めて特殊兵器・回天が、搭乗者の命を代償に攻撃する人間魚雷ということを知ることに。

国のために、友のために、そして愛する家族のために…。

何度も何度も自分の死ぬ意味について考え、悩み続ける若者たちの姿が悲しすぎて涙が止まりません。それと同時に、彼らのおかげで今の僕たちがあるのだからもっと強く生きなきゃと思わされましたね。

最初から最後まできちんと話がまとまっており、特にエピローグの出来は他の漫画と比べても屈指の完成度です。

あの切なくて美しい最後は是非とも多くの方に見てもらいたいですね。

日本人なら一度は読んでおくべき歴史漫画!

 

超おすすめ歴史漫画-世界史編-

アド・アストラ-スキピオとハンニバル-(全13巻)

 

あらすじローマとの戦争で負けたカルタゴは、様々な不平等条約によって苦しめられていた。人を人とも思わないローマの仕打ちに、幼少期より怒りを覚えていたハンニバル・バルカは、ローマと戦うことを決意する。
やがて、稀代の戦略家となったハンニバルは、ローマに支配されている各都市を次々と解放していく。全ては順調に思えたハンニバル軍であったが、後の第二次ポエニ戦争によって苦戦をしいられることに…。

ローマを滅ぼそうとする男・ハンニバルと、ローマの救世主・スキピオの戦いを描いた歴史漫画。

当時の戦いは兵の多さで決まるとされていました。しかし、それを覆したのが、頭脳明晰な将軍であるハンニバルです。

ハンニバルは様々な奇策を用いることで、わずか数千の兵力で数万もの大軍隊に勝利していきます。敵の裏の裏をかき、時には自軍の兵をも騙して勝利を手にするハンニバル。その予想外の戦い方に何度も驚かされてしまいました。

しかし、ローマもやられるだけではありません。若く賢き青年・スキピオが現れてからは、ハンニバルと互角以上に戦えるようになります。

ハンニバルとスキピオ──二人の天才の国を賭けた戦いは、とても熱くて興奮を抑えきれません!

頭脳戦が熱い歴史漫画を読みたい人におすすめ!

 

シュトヘル(全14巻)

 

あらすじ13世紀初頭──蒙古(モンゴル)軍と西夏国との戦争が行われていたこの時代、「悪霊(シュトヘル)」と呼ばれ恐れられる一人の女戦士がいた。
時は変わって現代──ここ最近、高校生の須藤は大勢の人々が死んでいく戦場を夢に見続けていた。
ある日、クラスのカラオケで女子生徒・スズキと出会ったことを切っ掛けに、須藤はシュトヘルとして800年前のモンゴルにタイムスリップすることに。そこで彼が見たのは夢と同じ光景であった…。

3世紀初頭の蒙古軍と西夏軍の戦争を描いた歴史漫画。

シュトヘルに転生した須藤は、少年・ユルールと共に、玉音同と呼ばれる西夏文字を記した石版を守るため、蒙古軍と戦います。

玉音同が壊されてしまうと、西夏の文字は永遠に失われ、西夏の歴史は無かったことになってしまう…。

先人たちの、そして未来の人々の誇りを守るため、強大な敵に立ち向かう彼らの姿に胸を熱くせざるを得ませんでした。

「思いが受け継がれていく」系の展開が好きな方におすすめの歴史漫画!

 

乙女戦争 ディーヴチー・ヴァールカ(11巻~連続中)

 

あらすじ1420年のボヘミア王国では、異教徒狩りを名目に騎士たちによる大量虐殺が行われていた。
ある日、キリスト教フス派の村に住んでいた少女・シャールカは異教徒狩りに遭い、家族を殺されたあげく、自身も陵辱されてしまう。命からがら生き延びたシャールカは、その後、わたしヤン・ジシュカといえ老兵士に拾われることに。
やがてシャールカはジシュカ率いる軍隊の兵士となり、戦場を駆け巡り始める。

フス戦争とよばれる宗教戦争を舞台に、少女シャールカの過酷な戦いを描いた歴史漫画。

この漫画は、宗教戦争の残酷さをこれでもかと詰め込んだ作品で、読んでいるうちに段々と胸糞悪くなって仕方がないです。

女の子がひどい目に遭うシーンが多すぎて、見ていて辛い…。しかし、そんな悲惨な描写のおかげで、当時の戦争の恐ろしさをリアルに感じることができる作品となっています。

 

f:id:nek654:20171118213446p:plain

(©乙女戦争)

また、そんな最悪な状況にもかかわらず、悪に決して屈さない少女兵の美しさよ!心は常に高潔であろうと、強い心を持って戦う彼女たちは、まるで本物の天使のようです。

別にね、最初から強かったら心打たれてないんですよ。臆病な少女が戦いを通じて逞しくなっていくからこそ、感動するんですよね。

リアリティある戦争漫画を読みたい人におすすめ!

 

狼の口 ヴォルフスムント

あらすじ14世紀初頭──アルプス地方。三邦からなる盟約者同盟は、侵略者ハプスブルク家によって、土地を奪われ、圧政を敷かれていた。
やがて、盟約者同盟は、土地と誇りを取り戻すため、ハプスブルク家と戦うことを決意する。
ハプスブルク家を倒すためには、「狼の口(ヴォルムスフント)」と呼ばれる関所を超えなければならない。しかし、関所の代官・ヴォルフラムよって関所は固く閉ざされ、渡ろうとした人々は無残に殺されていくのであった…。

盟約者同盟と、ハプスブルク家の家臣・ヴォルフラムとの戦いを描いた歴史漫画。

この漫画はグロいシーンが多くて、読むのがしんといです。

しかし、数々の残虐描写のおかげで、ヴォルフラムに対して心の底から恐怖を感じることができます。また、それと同時に、罪のない人々の死に対して怒りが湧いてきます。

そして、どんどん怒りが溜まり、いつしか「ヴォルフラムを殺して、盟約者同盟の誇りを取り戻せ!」と心の底から思い始めるのです。

 

f:id:nek654:20180226210924p:plain

(©狼の口)

まるで、自分も彼らの一員なのではないかと思うくらい、感情移入してしまいますね。

こんだけ感情移入してる訳ですから、その後の決戦シーンなんて、鳥肌ものですよ。たまりに溜まったフラストレーションを爆発させる、あの瞬間。正直、最高でした。

当時の戦争のライブ感を体感したい人に、おすすめの歴史漫画!

 

アルテ(9巻~連載中)

 

あらすじ16世紀フィレンツェ──。貴族の少女・アルテは、画家になるため、周りの反対を押し切って家を飛び出した。
絵を学ぶため、画家に弟子入りしようとするアルテだったが、誰も彼女を弟子にしてくれない。それもそのはず、この時代は女性軽視が激しく、女の画家は認められなかったのだ。
その事実に怒り狂うアルテの前に、やがてレオという画家が現れる。彼はある条件をクリアすれば、彼女を弟子にしてもいいと言うのだが…。

16世紀初頭のフィレンツェを舞台に、一人前の画家を目指す少女・アルテの生き様を描いた歴史漫画。

この漫画は驚くほど画力が高いのが特徴です。細部まで書き込まれた風景からは、当時のフィレンツェの空気が漂ってきます。

 

f:id:nek654:20170831225214p:plain

(©アルテ)

ベージをめくるたびにフィレンツェの空気が感じられて、まるでタイムスリップしたかのようでした。旅行好きの人は、かなり楽しめる漫画になっていますね。

また、アルテが好感度の高い主人公なのも良いですね。

どんなに辛い目にあっても、彼女は画家になるという夢のため、前に進み続けるのです。健気に、ひた向きに頑張る彼女の姿を見ていると、思わず応援したくなっちゃいます!

旅行好きの人におすすめの歴史漫画!

 

辺獄のシュヴェスタ(全6巻)

 

あらすじ少女・エラは、修道会の総長・エーデルガルドが行う魔女刈りによって、育ての母を失ってしまう。その後、魔女の子として捕えられたエラは、魔女の子供が集められた修道会で、3年間暮らすことに。
その修道会は、規律を違反すれば殺されてしまう恐ろしい場所。エラはエーデルガルドに復讐を果たすため、修道会生活を生き残ることを決意する。

16世紀の神聖ローマ帝国を舞台に、少女・エラの復讐劇を描いた歴史漫画。

エラが送り込まれた修道会は、非常に劣悪な環境です。しかし、エラは、優秀な頭脳と不屈の心を武器に生き延びていきます。

周りが思考停止している中、考え、行動し続ける彼女のストイックさが、とてもカッコいい。体がボロボロになっても、悲しい目にあっても、己の運命に抗い続ける姿には美しさすら感じてしまいます。

 

辺獄のシュヴェスタ エラ

(©辺獄のシュヴェスタ)

また、過酷な環境下で生まれる友情が、美しいのなんの。

本当の意味で、「一人はみんなのために。みんなは一人のために。」を実行する彼女たちは、あまりにも尊すぎました。女の子同士の熱い友情って、いいよね…。

不屈の闘志を持つカッコいい主人公が見たい人に、おすすめの歴史漫画!

 

ヴィンランド・サガ(21巻~連載中)

 

あらすじ11世紀初頭、アイスランド──心優しき少年・トルフィンは貧しいながらも家族と仲良く平和に暮らしていた。しかしある日、アシェラッド兵団のボス・アシェラッドによって父を殺されてしまう。
父を失った怒りと悲しみにより復讐の鬼となったトルフィンは、アシェラッドを殺すことを決意。以後、アシェラッド兵団の船に乗り込み、彼を殺す機会を伺い続けるのであった。

11世紀初頭、西ヨーロッパで襲撃と略奪を繰り返したヴァイキングの生き様を描く歴史漫画。

アシェラッドを常に見張るため彼の兵団に所属したトルフィンは、様々な戦争に巻き込まれていきます。

丁寧に描かれた戦争シーンは躍動感に溢れており、当時の戦争の迫力がダイレクトに伝わってきますね。

ページをめくる内に、自分が戦場の中にワープしてしまったかのように錯覚してしまいました。それぐらいリアル!

また戦争シーンだけでなく、主人公・トルフィンの成長も本作の見どころです。復讐に身をやつしながらも強く生きていく彼の姿に、心打たれること間違いなしですね。

壮大な世界観の歴史漫画を読みたい方におすすめ!

 

最後に

ということで、おすすめの歴史漫画を紹介しました。

歴史漫画は壮大なストーリーと熱い人間ドラマが展開されるので、ついつい時間を忘れて没入してしまいますね。

これからも面白い歴史漫画を見つけ次第、本記事に追記していこうと思います。

 

歴史漫画を安く買うならebookjapanがおすすめ!

電子書籍サイト「ebookjapan」では頻繁に特大セールをやっていますので、漫画を安く大量に購入することができます。

50%オフ、場合によっては90%オフで買えることも!

また、今話題の漫画の多くが無料で読めますので漫画を買わなくても非常にお得!

漫画好きの方なら必見のサイトです。気になった方はこちらからどうぞ。

詳しくはコチラ

 

おすすめ記事

漫画オタクが選ぶ!超面白いおすすめ漫画ジャンル別ランキング!【完結済から未完まで。マイナー作品多め】

超面白いおすすめの漫画をジャンル別にランキング形式で紹介!バトル、ファンタジー、恋愛、スポーツ、音楽、デスゲーム、泣ける系などなどジャンルはごちゃまぜ。マイナー漫画が多めです!

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

関連記事

  • この記事を書いた人

ネック

漫画が大好きな美少女社畜。漫画が好きすぎて、年に1000冊の漫画を読んでいます!

-歴史漫画, 漫画, 漫画ランキング

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.