歴史漫画 漫画

漫画『天地明察』感想。受け継がれていく人々の「思い」に感動した!

更新日:

天地明察(1) (アフタヌーンコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『天地明察』です。

この漫画は、江戸時代の偉人・渋川春海(しぶかわ はるみ)の改暦事業を描いた物語となっています。

普段何気なく使っている暦が、当時の人たちの血のにじむような努力の賜物だと知った時は、思わず胸が熱くなりましたね。

ということで今回は、暦にまつわる歴史漫画『天地明察』を紹介します。

[:contets]

スポンサーリンク

漫画『天地明察』あらすじ

f:id:nek654:20180216220423p:plain

(©『天地明察』)

とある所に、数学、暦学、天文学などに優れた人物がいた。

彼の名は、渋川春海(しぶかわ はるみ)。またの名を安井算哲(やすい さんてつ)と言う。

彼は超がつくほどの数学バカで、数学のことばかり考えていた。

ある日、春海は友人から算額絵馬というものを教えてもらう。

算額絵馬とは、数学の問題が書いてある絵馬のことだ。

この絵馬を使っての数学の問題の出し合いが、当時、神社で流行っていたのだ。

数学好きの春海がこれを逃すはずがない。

ウキウキ気分で神社に向かった春海は、そこで、数学の天才・関孝和(せき たかかず)という男を知ることになる。

f:id:nek654:20180216220908p:plain

(©『天地明察』)

こんな感じの漫画です。全9巻で完結しています。

漫画『天地明察』感想

演出の魅せ方が上手い

画力が高いのは言うまでもないのですが、漫画『天地明察』は演出の魅せ方が抜群に上手いです。

算術(今でいう数学のこと)という地味なテーマを扱った漫画にもかかわらず、躍動感あふれる演出によって、常にワクワクしながら読める作品になっています。

f:id:nek654:20180216212438p:plain

(©『天地明察』)

こちらは主人公・渋川春海が、尊敬する数学者・関孝和の本を読むシーン。

ただ数学の本を読むだけのシーンで、この迫力ですよ。

ちなみに、このシーンは、同年代でありながら自分よりはるかに上を行く関孝和に、悔しさを感じながらも、教えを請うように彼の著書を読むといった場面です。

「何としてでも、関孝和に追いついてみせる!」という春海の気概が見える、非常にいいシーンですね。

f:id:nek654:20180216212329p:plain

(©『天地明察』)

数学の問題を出し合う真剣勝負でのワンシーン。

このとき春海は致命的なミスをしてしまい、切腹を試みるほどショックを受けます。

数学に真剣だからこそ、彼は決して許されないミスをした自分に深く絶望し、怒りを覚えているのです。

達筆な「無形」の文字が、独特の美しさと躍動感を見せていますね。

f:id:nek654:20180216213206p:plain

(©『天地明察』)

己の夢を大いに語る老人。その姿はとても美しい。

このシーンでは、春海たちは、ちょうど北極星を見に行っているときだったので、胸に天体を抱きしめている描写が北極星と重なり、より一層美しく感じられます。

このように、漫画『天地明察』は演出の魅せ方が抜群に上手いです。

なので、常に心の奥底をふつふつと興奮させながら、読むことができます。

常に一生懸命な主人公・渋川春海が美しい

f:id:nek654:20180216201049p:plain

(©『天地明察』)

春海は、言ってしまえば「数学バカ」です。

四六時中、数学のことばかり考えて、頭をうならせている変人です。

しかし、大好きな数学のことを考えて、目をキラキラさせている春海の姿は、見ていてなんだか幸せになれます。

やっぱり好きなことを一生懸命にやってる人って、美しいんですよね。活力にあふれているというか、オーラが出てるというか…。

まるで、子供のように無邪気に数学と戯れる春海の姿は、日本人が忘れがちな「好きなことをやる」ことの大切さを思い出させてくれます。

f:id:nek654:20180216214918p:plain

(©『天地明察』)

そんな数学大好き人間の春海は、ある時、幕府から改暦事業をするように言い渡されます。

当時、日本で使われていた暦は誤差が激しいものだったので、正確な暦が必要だったのです。

また、「帝が民にお与えになるもの」である暦を、幕府が作ることで、幕府が朝廷から権力を奪うといった狙いもありました。

そんな責任重大な仕事を与えられた春海は、仲間と共に改暦事業に邁進します。

改暦事業では、大好きな数学の知識を存分に使うことができて、春海は大変ながらも充実した生活を送ります。

しかし、楽しい日々は長くは続きません。

あまりにも膨大な作業量。改暦を拒む朝廷からの、妨害工作。暦の計算が合わない…などなど。

これらによって作業が滞り、気づけば改暦作業を始めてから、10年近くの月日が流れていました。

f:id:nek654:20180217003043p:plain

(©『天地明察』)

しかし、春海は改暦事業を諦めません。

どれだけ失敗しても、何度失敗しても、次はどうするべきか?を考え続けます。

諦めずに一生懸命にやり抜く彼の姿は、とてつもなくカッコよかったですね。

もう、かっこよすぎて若干うるっと来ちゃったもん。

ずーっと傍で春海が頑張り続ける姿を見ているわけですから、そりゃ涙腺にきますよ。

そんな、好きなことを一生懸命にやり抜く主人公・渋川春海に、心を打ち震わされる漫画となっています。

受け継がれていく思い

改暦事業は、10年以上もの歳月がかかる過酷な事業でした。

ですから、途中で寿命を迎えてしまう者達も出てきます。

彼らは志半ばで、この世を去ることになります。

彼らは悔しさに打ちひしがれ、失意の中で亡くなったのでしょうか?

答えは否。

彼らの最後の顔は、とても満ち足りたものでした。

なぜなら、愛する者達に、自分の思いを託すことができたから。

f:id:nek654:20180217002421p:plain

(©『天地明察』)

そして、その思いは残された者に受け継がれ、やがては実現されていくのです。

この、人の思いが受け継がれていくシーンは、僕の心に深く刺さりましたね。

その尊さに、心の奥底がジーンと熱くなったのを覚えています。

漫画『天地明察』では、主人公以外のキャラクターも非常に魅力的です。

そして、彼らが夢を追って頑張っている描写が丁寧に描かれています。

ですから、読者は彼らに感情移入してしまうんですよ。

そんな状態で、思いを託されてしまったらさあ、もう泣くしかないじゃん。

絶対、その思いを無駄にはしねえ!って立ち上がるしかないじゃん!

そんな感じで、ついつい目頭が熱くなってしまいました。

f:id:nek654:20180217003649p:plain

(©『天地明察』)

改暦事業は長く苦しいものです。

だから途中で脱落しそうになる。

しかし、託された思いを思い出して、残された人々は頑張るんですよ。

この時、亡くなった人たちは、その思いを通して、ずっと残された者の中で生き続けるんだなあと思いました。

離れ離れになっても、ずっと僕たちと一緒にいるんだなって。

そういうことを思い始めたら、また涙腺にくるんですよね。

本当にしみじみと泣けるわ、この漫画。

漫画『天地明察』は、「人の思いはとても尊い」ということを確かに実感できる作品ですね。

漫画『天地明察』感想まとめ

漫画『天地明察』は受け継がれていく人の思いに、感動してしまう歴史漫画ですっ!

受け継がれていく人の思いが尊すぎて、思わず泣いてしまう作品でしたね。

控えめに言って最高ですっ!

漫画『天地明察』は、こんな人におすすめ!

・しんみりと感動できる作品を読みたい人

・良質なヒューマンドラマを見たい人

・夢を追い続ける勇気が欲しい人

ということで今回は、漫画『天地明察』を紹介しました。

超面白い作品なので、気になった方は、ぜひチェックしてみてくださいっ!

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

-歴史漫画, 漫画

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.