ファンタジー漫画 漫画

漫画『ヴァンパイア十字界』感想。全人類に読んで欲しい名作ファンタジー!

更新日:

ヴァンパイア十字界 1巻 (デジタル版ガンガンコミックス)

はわわっ、ネックですっ!

今回紹介する漫画は『ヴァンパイア十字界』です。

この漫画は、ヴァンパイアの王ストラウスが、封印された妃・アーデルハイトを取り戻すために戦う物語なのですが、めっちゃくちゃ面白い!

冗談抜きで、今まで読んだファンタジー漫画の中で、1、2位を争うほどの面白さでしたよ!

これを読まないのは人生損してるって思っちゃうぐらい、素晴らしい作品でした。

ということで今回は、最高に面白いファンタジー漫画『ヴァンパイア十字界』を紹介します。

スポンサーリンク

漫画『ヴァンパイア十字界』あらすじ

夜の国のヴァンパイア王、ローズレッド・ストラウス。

強大な力を持った彼は、同族からも恐れられた結果、愛する妃・アーデルハイトを人質に取られ、処刑されることになる。

しかし、その時アーデルハイトの魔力が暴走。世界は混乱の危機に瀕してしまう。

人々は崩壊を止めるため、アーデルハイトを世界のどこかに封印した。しかし、それに怒ったストラウスは、自らが治めていた夜の国を滅ぼしてしまう。

f:id:nek654:20180301204419p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

アーデルハイトを取り戻すため、襲いかかる同族や人間を殺す日々を、ストラウスは送り続ける。

千年後──。今も、ストラウスはアーデルハイトを取り戻す旅を続けていた。

f:id:nek654:20180301205116p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

ある日、ストラウスはヴァンパイアを確実に殺す術式「黒き白鳥(ブラックスワン)」を持つ少女、比良坂花雪(ひらさか かゆき)と出会うことになるのだが…。

こんな感じの漫画です。全9巻で完結しています。 

 漫画『ヴァンパイア十字界』感想

ヴァンパイア王ことローズレッド・ストラウスがカッコよすぎる!

f:id:nek654:20180301205316p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

こんなにかっこいい主人公は、まあいないですね。今まで読んできた漫画の中でも1、2位を争うほどのかっこよさです。

f:id:nek654:20180301212735p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

ストラウスはヴァンパイア王と呼ばれるだけあって、作中で最も強い存在です。その人知を超えた強大な力で、敵となるものを全て破壊し尽くすことができます。

f:id:nek654:20180301213511p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

また、彼は非常に賢い人物で、どんなに追い込まれようとも即座に解決策を考え出してしまうのです。

その機転の速さも、とても憧れますね。

強大な戦闘力と、類まれなる頭脳があわさって誰も彼を止めることができません。まさに、最強!

しかも、性格は優しく、誰よりも周りの人たちのことを考えています。何だよこれ、完璧超人じゃねえか!俺TUEEE系かよ!

え?俺TUEEE!!系主人公とかクソじゃんって?

ええ、ええ、わかります。僕も俺TUEEE!!系主人公はあまり好きじゃないです。

だから、そんな僕がストラウスに惚れてしまったのには、訳があるんですよ。

ストラウスはそこらの俺TUEEE!!系主人公と一線を画す特徴があります。それは、「あまりにも重すぎる宿命を背負っている」ということ。

物語前半では、妃のアーデルハイトを失ったという過去を背負っていることしか、読者は分かりません。

しかし、物語が進むにつれて、彼がとてつもなく重い宿命を背負っていることに気づかされます。

f:id:nek654:20180301213037p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

ネタバレになるので詳しくは言えないのですが、ストラウスの背負っているものを一言で表すとしたら、それは「地獄」です。

そこには一切の救いはなく、ただ絶望が存在するのみ。普通の人なら、数日で発狂してしまうような、そんな壮絶な地獄。

しかし、ストラウスは1000年以上もの間、その地獄を背負って一人生きてきたのです。

彼は普通の人間ではなく最強のヴァンパイア王だったから、不幸にもその地獄を背負うことができてしまった。

f:id:nek654:20180301213745p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

しかも、そんな地獄を誰に言われたでもなく、自ら進んで引き受けたんですよ。自分はどんな目に遭おうとも、ただ、みんなの平和を願って…。

もう、ストラウスがあまりにも可哀想すぎて、心が張り裂けそうでした。

どんなに深い絶望を抱えながらも、決して屈せず一歩一歩と前に進む彼の姿は、あまりにも切なくて…でも、かっこよくて…(´;ω;`)ウゥゥ

こんなにもカッコいい主人公は他にいませんよ!最高、最高ですっ!

そんな最高にカッコいい主人公、ローズレッド・ストラウスが活躍する漫画、それが『ヴァンパイア十字界』なのですっ!

どんでん返しが多すぎるっ!

漫画『ヴァンパイア十字界』は主人公だけでなく、ストーリーも非常に魅力的です。

あまりにも、ストーリーが面白すぎて徹夜で全巻読んでしまえるレベル。

とにかく、どんでん返しが多いんですよ、この漫画は!

衝撃の事実が出てきて、「ええ、どういうことなのっ!?」って思っている間に、さらに新たな衝撃の事実が明らかになっていきます。

f:id:nek654:20180301213208p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

もう、物語が二転三転するどころか、四転五転六転しちゃってるレベル。

全く先が読めない展開に、必死に追い付こうと、ひたすらページをめくり続ける僕がそこにはいました。

しかもね、ただ物語が二転三転するだけじゃないんです。

ストーリーの根幹を完全に逆転させるような、どんでん返しを『ヴァンパイア十字界』は、平気で行うんですよ。

こんなことされたさあ、僕は、こう思うしかないじゃない。

f:id:nek654:20180301213120p:plain

このシーンは、僕の心情を綺麗に表してくれていたシーンです。マジで、読んでるときは、こんな顔になっていたはず。

衝撃の事実に困惑するのと同時に、「これからどうなるんだっ!」という期待で、ドキドキを抑えきれない。そして、加速度的にページをめくる速度が上がっていく…。

この時の気持ちの盛り上がりは、半端なかったですね。今までの漫画人生の中でも、数えるほどしかなったことないよ、この感覚は。

最後まで息をつく暇もなく、読者を魅了するストーリーが魅力の漫画、それが『ヴァンパイア十字界』なのですっ!

悲劇しかないその結末に、彼らはどう立ち向かうのか…

漫画『ヴァンパイア十字界』は、前半、中盤ともにめちゃくちゃ面白いのですが、終盤はさらにそれを上回ります。

あの切なくて儚いラストは、本当に最高と言うしかない。

わずかにネタバレになるかもしれませんが、語りたいので語ります。

最後、ストラウス(というかヒロインの花雪かな?)たちの取れる選択肢は2つになるんですが、どっちを選んでも悲劇なんですよ。どっちを選んでも完全には救われない。

f:id:nek654:20180301213301p:plain

(©『ヴァンパイア十字界』)

そんな悲劇の選択肢しか、持ち合わせていない彼ら。しかし、それでも彼らは選ばないといけない。

悩みぬいて悩みぬいて、そして覚悟を決め、自らの手で 悲しい結末を選ぶのです…。

その様子が、切なくて切なくて胸がキュンキュンして仕方がなかった。

最後の花雪が伝言を伝えるシーンとか、最高すぎて涙吹き出しましたわ。あの演出はズルいわ…。あんなの泣くに決まってるじゃん。

果たして、バッドエンドに終わるのか?それとも奇跡が起こってハッピーエンドを迎えるのか?

それは、あなた自身の目で確かめてください。

漫画『ヴァンパイア十字界』感想まとめ

漫画『ヴァンパイア十字界』は、読まないのは人生損してると思っちゃうレベルの、最高のファンタジー漫画ですっ!

今まで読んだファンタジー漫画の中で、1、2位を争うぐらい面白い作品でした。

いや、ホント冗談抜きで、めちゃくちゃ面白かった。もう一度記憶を消して読みたい…。

漫画『ヴァンパイア十字界』は、こんな人におすすめ!

・生きとし生ける全人類

・もう一度言う。生きとし生ける全人類だ!

・再三言う。生きとし生ける全人類だっ!!

最高に面白いファンタジー漫画なので、マジで読んでみてください!

おすすめ記事

www.nek654-yurulife.com

こちらの記事では、今までに読んだ漫画の中で特に面白かったものをランキング形式で紹介しています。

少しマイナーな漫画が多めに入っているので、もしかしたらまだ見ぬ面白い漫画に出会えるかもしれませんよ♪

スポンサーリンク

-ファンタジー漫画, 漫画

Copyright© , 2018 All Rights Reserved.